家の売却をお考えの方へ!売却時の必要書類について解説します

家の売却をお考えの方へ!売却時の必要書類について解説します column

岡山市の「株式会社 ヒムカコーポレーション」からのお知らせや、不動産の買取・売却・仲介に関わるさまざまな情報を発信するブログです。不動産や土地の売買をご検討中の方に役立つ情報をお届けしているので、ぜひご覧ください。

「家を売却するときにはどんな書類が必要なのだろう」
「必要書類の入手方法が知りたい」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、売却時に必要な書類、また必要書類の主な入手方法について詳しく解説します。
岡山市にお住まいで家の売却をご検討されている方はぜひご覧ください。

□家を売却するときの必要書類とは

皆さんは家を売却するときにどんな書類が必要かご存知ですか。
家の売却は頻繁におこなわないので、ご存知でない方も多いのではないでしょうか。
というわけで、ここでは家を売却するときの必要書類を5つご紹介します。

1つ目は、住民票です。
住んでいる人全員の続柄が記されているものを用意しましょう。

2つ目は、印鑑登録証明書です。
実印が必要な取引をしたことがない方は、この証明書が必要です。

3つ目は、土地建物登記済証です。
「権利証」と呼ばれることもあります。

4つ目は、重要事項説明書です。
一般の方は家を売ることに関する知識をほとんど持っていません。
そのため、誤って被害を受けないためにこの説明書が必要です。

5つ目は、借入金残高証明書です。
住宅ローンを組む際にはこの書類が必要です。

□必要書類の入手方法とは

ここまで、家を売却するときに必要な書類についてご紹介しました。
では、このような書類はどのようにして入手すれば良いのでしょうか。
ここからは、必要な書類の入手方法についてご紹介します。

1つ目は、住民票です。
これは自分が住んでいる町の役所で受け取れます。

2つ目は、印鑑登録証明書です。
これは役所や自動交付機、コンビニエンスストアで取得できます。

3つ目は、土地建物登記済証です。
これは司法書士に依頼するか自分で申請しましょう。
自分でおこなう場合は、法務局から郵便で事前通知が届くのでこれに実印を押して返送するだけです。

4つ目は、重要事項説明書です。
これは宅地建物取引主任者が作成してくれます。

5つ目は、借入金残高証明書です。
これはお金を借りる予定の金融会社から郵送されます。

以上が、家の売却時に必要な書類の入手方法でした。

□まとめ

今回は、売却時に必要な書類、そして必要書類の主な入手方法についてご紹介しました。
家の売却の必要書類でお悩みの方は、ぜひこの記事を活用してくださいね。

当社はお客様のさまざまな疑問にお答えします。
岡山市にお住まいの方で家の売却時の必要書類についてお困りであればぜひご相談ください。

カテゴリ