不動産を売却しようか迷っている方へ!不動産を査定するときの費用をご紹介します!

不動産を売却しようか迷っている方へ!不動産を査定するときの費用をご紹介します! column

岡山市の「株式会社 ヒムカコーポレーション」からのお知らせや、不動産の買取・売却・仲介に関わるさまざまな情報を発信するブログです。不動産や土地の売買をご検討中の方に役立つ情報をお届けしているので、ぜひご覧ください。

不動産を売りたいけど査定にどのくらいかかるのか分からなくて売ろうか迷っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、不動産を査定する際にかかる費用をご紹介します。
不動産を売却する前にぜひ参考にしてみてください。

□査定の種類とは

不動産査定には以下の2種類あります。

1つ目は、机上査定です。
別名、簡易査定とも言い、その名の通り簡単に査定をする方法です。
実際に物件を見ることなく、周囲住宅の費用相場・設計図・取引事例などの過去のデータを参考に、物件の価格を査定します。
具体的な価格は分からないですが、簡単に大体の価格が知れます。

そのため、物件を売却するか迷っている方にはおすすめの査定方法です。

2つ目は、訪問査定です。
机上調査とは異なり、実際に物件を訪問して査定をします。
住宅の劣化具合や、周辺の住宅の様子なども含めて査定をするので、机上調査よりも具体的な価格が分かります。
訪問調査で算出された価格は実際に売り出す時の価格とおおよそ同じになるでしょう。

そのため、売却をするための査定を本格的に行いたい方は、訪問調査がおすすめです。

□査定にかかる費用とは

実は査定は無料で行っている会社が多く、当社でもホームページから無料査定を依頼することが可能です。

しかし、不動産売却においては、査定が無料でも、売却時に以下のお金がかかってきます。

1つ目は、税金です。
印紙税、所得税、住民税などが売却時にかかってきます。
また、売却して入ってきたお金に対して譲渡所得税がかかります。

2つ目は、仲介手数料です。
不動産会社に物件の売却を依頼した場合、売却での利益の何割かを仲介手数料として、不動産会社に渡します。
これは、あくまでも成功報酬です。
そのため、売却に成功した際にのみ仲介手数料が発生します。

3つ目は、登記関連費用です。
売主は、住宅ローンが残っていた場合、抵当権抹消登記というものが必要になります。
その登記を作るために、登録免許税や司法書士にお金を払う必要があるのです。

4つ目は、測量費です。
売却時には住宅を測量する必要があります。
解体や補強などのお金がかかる場合もあります。

また、上記の費用以外にも引っ越し代などの諸費用がかかってきます。

□まとめ

不動産売却時に発生するお金について解説しましたがいかがだったでしょうか。
この記事が不動産売却の参考になれば幸いです。
当社は査定を無料で行っているので、ぜひホームページからお申し込みください。
岡山市の不動産売却について疑問がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリ